私たちは多職種専門家のチームで乳がん診療に取り組んでいます

乳腺疾患

乳がん

日本ではがんによる死亡が最も多く、女性のがんの中では乳がんは死亡実数では5位ですが、がんになる人の数では1位になっています。すなわち、乳がんは早期に発見して適切な治療すれば治る病気なのです。

乳腺症

女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)のバランスが崩れるために発生するとされています。乳汁分泌、乳腺腫瘤、乳房痛などが特徴です。のう胞症といって水がたまった袋ができるのが一番多い病態です。外来では最も多い疾患ですが、最近では病気ととらえず、正常からの逸脱ととらえられています。がんとの鑑別がつけばそのまま様子を見ていて構いません。

線維腺腫

主に20-30歳代の若い女性にできる乳腺の良性腫瘍です。がんほど硬くなく、表面平滑でよく動くのが特徴です。線維腺腫と診断がつけば放置しておいて構いませんが、大きくなるようであれば摘出することもあります。生理がなくなれば進行も収まる人が大部分です。

乳がん以外の乳腺疾患

  • 乳腺症
  • 線維腺腫
  • 葉状腫瘍
  • 乳管内乳頭腫
  • 乳管拡張症
  • 急性化膿性乳腺炎
  • 急性鬱帯性乳腺炎
  • 粉瘤
  • 女性化乳房症 など
ページトップへ