私たちは多職種専門家のチームで乳がん診療に取り組んでいます

行動目標

  1. ① 乳腺疾患に関する概要(疫学、病理、分子生物学的背景)を説明できる。
  2. ② 乳がんを中心とした乳腺疾患診断(触診、MMG・乳腺MRI・CTの読影、乳腺超音波・穿刺細胞診・針生検・マンモトームなどの手技)が行える。
  3. ③ 乳がんの術式適応を判断し、乳がんの手術が的確に行えるとともに、術中・術後の合併症に対応できる。
  4. ④ 病理報告をもとに術後の治療計画が立てられる。
  5. ⑤ 再発患者に対し、適切な治療計画が立てられる。
  6. ⑥ 緩和ケアを理解し、説明できる。
  7. ⑦ 患者、家族とコミュニケートし治療方針を適切に説明できる。
  8. ⑧ チーム医療を指導的立場で実践できる。
  9. ⑨ EBMを実践できる。
  10. ⑩ 乳がん診療を通じての精度管理、倫理的事項への対処、医療安全上の諸問題への対処が指導的立場で行える。
  11. ⑪ 臨床試験計画書を立案できる。
  12. ⑫ 卒前教育、卒後教育を指導的立場で担当できる。
  13. ⑬ 乳腺外科における最新の情報を生産し、学会又は論文として発信できる。
  14. ⑭ 診療上で生じた科学的問題、および医療上の問題に対応し、それを的確に解決できる。
ページトップへ