メニュー

乳腺診察、検査、治療について

診察、検査と治療の具体的な流れ

帝京大学医学部附属病院「紹介状をお持ちの患者さんへ」

初めて診療を受けられる方は、お近くの医療機関を受診され「 紹介状 」をご持参の上、ご来院されることをお勧めします。
外来受診のお手続き詳細につきましては、以上の当院ホームページにてご確認ください。

当院では、初診受付後はまず問診といって、何が気になっているのか、今まで大きな病気をしたことがないか、家族に乳がんや卵巣がんの方がおられないかなどのことを聞かせて戴きます。
その後、診察、検査となります。診察の前にマンモグラフィといってお乳のレントゲン写真を撮ることがあります。検査は基本的にこのマンモグラフィと超音波です。当院では最新の機械で検査をさせていただきます。何か異常があればさらに針を刺すなどして顕微鏡的に検査をします。

乳がんの診断がついた場合には、どの程度の乳がんなのか、つまり病期を決定します。そのためには、胸腹部のCT、骨シンチなどが必要になります。
病期が決定すると治療になります。治療は集学的治療といって、手術・放射線・化学療法・ホルモン療法・分子標的治療などを組み合わせて行います。

集学的治療 

patient01

治療にあたっての基本方針

  1. 最も侵襲の少ない方法で手術を行う
  2. 乳房切除が必要な方には再建のオプションを用意する
  3. 術後化学療法が必要な方は術前に行う
  4. 一人一人に適した治療(個別化治療)を行う
  5. 個人の希望を最大限尊重する

サポート コンサルティング

patient04乳がんと言われてびっくりした。
本当に『がん』なのか?
手術で胸が無くなるのか?
抗がん剤って怖そう
リンパ浮腫になったらどうしよう。

  • 治療選択の意思決定支援
  • 手術後の乳房補整アドバイス
  • 抗がん剤治療の副作用対策指導
  • リンパ浮腫ケアの相談
  • セカンドオピニオンにも対応

患者さんとご家族を長期的に総合的に支援しています。

患者交流スペース 陽だまり

患者さんとご家族が、医療の専門職からセルフケアや副作用対策を学べるがん患者・家族交流スペース

patient05

乳房再建 形成外科

patient06

  • 乳房再建外科外来
    毎週火曜日・午後
    医師:堂後 京子、上原 恵理
  • 乳房再建の説明
    手術前のマーキング・デザイン
  • 乳房再建手術
    医師:堂後 京子、上原 恵理
  • 再建術後の処置
    これから手術を受ける方、すでに乳房切除をされた方

画像診断(放射線科)

放射線治療(放射線科)

リニアック治療装置 1日10人から15人の乳がん治療を行っている。

 

 patient10

外来化学療法室

patient01

  • TV付リクライニングシートなどの快適な環境を整えています。
  • 安全性や副作用の軽減を考えて、抗がん剤治療を行っています。
  • 新しい治療法も積極的に取り入れて要望に応じています。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME